Column

コラム

  • CDP活用方法:データを可視化!分析ダッシュボード構築...
  • CDP
  • CDP活用
  • DX
  • ダッシュボード
  • データ基盤構築

CDP活用方法:データを可視化!分析ダッシュボード構築

● はじめに

CDPを導入したいけど活用方法がいまいちイメージできない、あるいはCDPを導入したは良いがうまく活用できていないといったお悩みはありませんか?

今回は、CDPで集計したデータをグラフや図を用いて可視化し、簡単にデータ分析ができる「ダッシュボード」の活用例をいくつかご紹介します。

  1. メール配信実績分析ダッシュボード
  2. 顧客属性分析ダッシュボード
  3. SNSコメント分析ダッシュボード(YouTube)

※企業様のダッシュボード活用事例も公開しています
》ダッシュボードを活用したデータ分析効率化事例集

● ダッシュボードについて

活用例をご紹介する前に、まずはダッシュボードについてご説明します。

ダッシュボードは、BIツールと呼ばれるデータ分析・可視化ツールとCDPを連携することで構築が可能です。

分析していきたいデータをCDPで整形し、それをBIツールに渡すことでグラフ等を作成、データを見える化していきます。

CDPとBIツール連携イメージ

また、フィルタリング機能を使うことで、いろんな軸でデータを分析していくことが可能です。(フィルターで期間を絞って分析する、年代を絞って分析する、など)

ダッシュボードを構築することで、以下のようなメリットがあります。

<ダッシュボードのメリット>

○ データの民主化

一度データを可視化することで、データ集計の専門スキル(SQL等)が無くてもダッシュボード上で分析することができるようになります。
そのため、データ関連部署以外に、普段データ集計を行わないようなマーケティング部署なども積極的にデータを活用することが可能です。

○ 分析/レポーティング業務の効率化

データの更新は自動化することが可能です。
そのため、普段の定期分析/レポート工数を大幅に削減することができます。

それでは、早速ダッシュボード活用例をご紹介します。

1.メール配信実績分析ダッシュボード

顧客に配信したメールの配信結果をダッシュボードで可視化することができます。
メール配信ツールの配信結果をCDPに連携し、CDPで集計したデータをBIツールに連携することで実現が可能です。

※CDPを活用したメール配信方法はこちら
》CDP活用方法:メール施策の流れとポイント

【解決できる課題】

  • メール実績レポートの集計工数を削減したい
  • 最新データを日次で自動連携することで、スピーディーに実績をレポーティングしたい
  • その他データと掛け合わせ、通常のメールレポート以上の分析をしたい(顧客属性など)

【ダッシュボードイメージ】

メール配信実績分析ダッシュボードイメージ
可視化項目イメージ
  • メール配信数
  • メール配信成功数/率
  • 開封数/率
  • クリック数/率
  • 配信停止数/率
分析軸イメージ
  • メール件名
  • 配信曜日
  • 配信時間
  • 性別
  • 年代
  • 訴求内容(商品、サービスなど)

2.顧客属性分析ダッシュボード

自社サイトに来訪したユーザーや、自社サービスを利用している顧客の属性を可視化することができます。

WEBサイトログ/顧客データ/外部属性・興味関心データなどをCDPで突合・集計し、BIツール連携することで実現していきます。

顧客理解を深め、メール配信のコンテンツ選定、広告クリエーティブ制作/ターゲティングなど、次のCRM/マーケティングアクションにつなげることができます。

【解決できる課題】

  • 自社の顧客像を把握したい
  • 関心の高いコンテンツを把握し、顧客とのコミュニケーションプランを設計したい
    (メール配信、広告配信、サイトコンテンツなど)

【ダッシュボードイメージ】

顧客属性分析ダッシュボードイメージ
可視化項目イメージ
  • 性別
  • 年代
  • 居住地
  • 子ども有無
  • 未既婚
  • 職業
  • 興味関心
分析軸イメージ
  • 閲覧ページ
    • コンバージョンページ来訪者
    • サービス利用頻度毎
    • 特定の商品詳細ページ来訪者
  • 属性(性別/年代/居住地など)

3.SNSコメント分析ダッシュボード(YouTube)

動画をマーケティングに活用されている企業様も最近では当たり前になってきているかと思います。

そのようなコンテンツマーケティングをさらに強化するツールとして、YouTube APIからコメントデータをCDPに取り込み、それらを基にコメント分析ダッシュボードを構築することが可能です。

※YouTube APIによるデータ取得方法はこちら
》【API・データ検証奮闘記】#11.YouTube Data APIやってみた

【解決できる課題】

  • 動画に対してどのような反応が得られているかを統計的に分析したい
  • コンテンツ企画をデータドリブンにしていきたい

【ダッシュボードイメージ】

SNSコメント分析ダッシュボード(YouTube)イメージ
可視化項目イメージ
  • 頻出ワード
  • キーワードランキング
  • コメントいいね数ランキング
分析軸イメージ
  • 動画
  • 商材(商品/サービスなど)

● さいごに

今回は、CDPに統合したデータを活用したダッシュボード構築例をご紹介しました。

DataCurrentでは、このようなデータを活用したダッシュボード構築支援も行っております。

データ整形・連携がうまくいかない、BIツールでの可視化スキルが無い、人的リソースが足りず対応しきれていない、などお困りごとございましたらお気軽にお問い合わせください。

》CDP構築/活用支援のサービス資料はこちら

人気のコラムランキング

PICK UP

今、CMPは導入するべきか?

コラム

Treasure Data CDPを活用したOneID(統合ID)構築3 姓名突合での落とし穴

コラム

機械学習 | 「viz」×焼肉のたれの売上を肉の売上でシミュレーションしてみた

コラム

CMPツールの導入手順について

コラム

TOPへ
戻る