情報セキュリティ基本方針

株式会社DataCurrentは、「電通グループ情報セキュリティ基本方針」に基づき、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格「ISO/IEC27001:2013」および「JISQ27001:2014」の認証取得しております。
個人情報を含む情報全般の取り扱いに関して管理体制の確立と情報管理の徹底を図っております。


電通グループ情報セキュリティ基本方針

電通グループは、グループ一体となって情報セキュリティ管理に取組みます。
私たち電通グループは、すべての事業領域において、グループ内に存在する重要情報を守るため、情報セキュリティ管理に取組みます。

1.法令等の順守

私たちは、関連法令を順守して、また取引先をはじめとするステークホルダーからの要請等に基づいて、情報セキュリティ管理に適切に取組みます。
特に個人情報に関する管理を確実に実施します。

2.情報の厳格な管理

私たちは、取引先の機密情報、個人情報等の重要情報の漏洩、紛失、毀損、不正利用が発生しないよう、情報を厳格に管理し、業務に関する情報については、グループ内や社員間であっても定められた範囲を超えて開示しません。
発注先の選定に際しては、情報セキュリティへの取組みを十分に考慮します。

3.達成水準の維持と改善

私たちは、PDCA サイクルに基づく情報セキュリティ活動を通じて、達成した水準を維持し、その改善に取組みます。
グループとして、役員から社員まで全員が必要な知識と判断力を身につけるよう、情報セキュリティの教育と啓発にも注力します。

4.環境変化への対応

私たちは、グループの事業領域や取扱う情報資産、また ICT(情報通信技術)環境の変化に柔軟に対応し、情報セキュリティ管理のルールや仕組みを見直していきます。