Column

コラム

  • 【はじめてのCDP】初心者でもわかるCDPの基本...
  • CDP
  • PICK UP コラム
  • データ基盤構築

【はじめてのCDP】初心者でもわかるCDPの基本

CDPとは


CDPとは、Customer Data Platform(カスタマーデータプラットフォーム)の略であり、顧客に関するデータ統合基盤で、自社の顧客データを収集・蓄積し、一人ひとりに紐付く属性データや行動データを統合するプラットフォームのことを指します。

統合されたデータを基にセグメント設計等を行い、CRM/MAなどをはじめとしたコミュニケーションツールや、分析ダッシュボードの構築が可能となるBIツールなど、外部ツールと連携することで様々なマーケティング施策に展開することができます。

CDPイメージ
CDPイメージ

CDPを導入するメリット


前述でも記載したとおり、CDPは様々な顧客の情報を統合・管理し外部ツールへ連携することでスムーズなマーケティング活動を可能にするなど、メリットがたくさんあります。

初心者がCDPを学ぶうえで覚えておきたい導入メリットのポイントは3つ。もちろん他にもメリットはあります。

CDP導入メリット

様々なシステムに分散された顧客データを一元管理できる
顧客一人ひとりを掘り下げて分析ができる
CRM/MAツールやBIツール等の様々なツールと連携できる

また、CDPは自社で保有している顧客データ(=1st Party データ)による分析のみならず、外部サービスと連携させることで、自社では収集できない第三者が提供するデータ(=3rd Party データ)と掛け合わせた分析ができるため、より深い分析を可能にしてくれます。

CDP活用データイメージ
CDP活用データイメージ

つまり、顧客に関するデータや外部データを一つのデータ基盤で統合管理し、それらのデータを分析したり外部ツールに連携したりすることで、顧客ひとりひとりに寄り添った1 to 1マーケティングの実現が可能となります。

まとめ


CDPとは…

✓ 様々なシステムにある顧客情報を一括管理できるプラットフォーム

✓ MAやBIツール等の外部サービスと連携ができる

✓ 顧客の深堀ができマーケティングの幅を広げることができる

今回は、CDPの基本についてのコラムとなります。CDPがどんなものか、またメリットについてお伝えしました。

次回は、実際のCDPでできることとCDPを活用した施策のイメージについてご説明します。

DataCurrentでは、CDPツールの選定から構築、運用、活用まで一気通貫で支援しています。
データ分析、データの利活用についてお困りごとがございましたらお気軽にお問合せください。

》CDP構築/活用支援のサービス資料はこちら

CDP構築/活用支援サービス資料イメージ

● 関連コンテンツ


<CDPに関する記事>

》その他CDP関連記事はこちら

本件に関するお問い合わせは下記にて承ります。
株式会社DataCurrent
info@datacurrent.co.jp

人気のコラムランキング

PICK UP

【はじめてのCDP】初心者でもわかるCDPの基本(機能・活用編)

コラム

【はじめてのCDP】初心者でもわかるCDPの基本

コラム

機械学習|「viz」× 広告施策の最適化と広告効果シミュレーション

コラム

CDP導入検討企業必見!CDPツール選定時に検討したいポイント

コラム

TOPへ
戻る