Column

コラム

「CDP Maker Google Cloud Editon」でYoutubeコメントデータを最短で取得する方法のご紹介

はじめに


DXやデータ駆動型のビジネスを進めるうえでの課題については前回コラムにてご紹介いたしました通り以下があげられます。

<DX推進の障壁>

  • システムリソース枯渇の課題
  • コスト増大の課題
  • コスト配分の課題

☞これらの課題を解決できる手段として「CDP Maker Google Cloud Edition」を提供しております。

<CDP Maker Google Cloud Editionのポイント>

CDPMaker Google Cloud Edition特徴

「特徴はわかるけど、具体的にどのくらいスピーディーに始められるの?」とお思いではないでしょうか?本記事では、Youtubeのコメントデータ取得を例にご紹介いたします。

Youtubeに寄せられたコメントをマーケティングに生かしたい


下図の通り、Youtubeのコメントや動画再生データは貴重なユーザーの声(VoC)やアクティビティデータとなります。こちらを弊社提供の「CDP Maker Google Cloud Edition」にて取得する方法についてご紹介いたします。

youtube comment

DX基盤の環境用意~データ取り込みまでの作業Stepは下記となります。

<取り込みStep>

  • Google Cloud環境用意
    Google Cloud環境を用意いたします。こちらはお客様にて環境がある場合はそちらの環境にて構築が可能です。環境がない場合については弊社にてご用意することが可能です。

  • 弊社納品のプログラムを実装
    テンプレートを使用してデータの取り込みをすぐに実装いたします。

  • データ取り込み開始
    プログラムにてYoutubeコメントデータの取り込みをいたします。
    参考コラム:【API・データ検証奮闘記】#11.YouTube Data APIやってみた

  • 取り込みデータの分析
    取得したデータを分析し、視聴者の声(VoC)を分析することが可能になります。

<取り込み結果>

下記のようにDX基盤環境へデータ取得が可能です。

①動画毎の再生数やいいね数

CDPMaker

②動画へのコメント

CDPMaker

<分析方法の一例>

コメントデータ(VoC)は企業にとって貴重な財産です。機械学習を用いてコメントを下図のようにポジティブ度やネガティブ度を把握することでCreativeやオウンドメディアのキーワード・タイトルなどに生かすことが可能です。

事例①コメントデータのポジティブ度やネガティブ度を深堀分析する

ユーザーからコメントデータを機械学習を用いてスコアを付与し、ポジティブ・ネガティブ・中立に分類することで、要因分析が可能に。

ML result

事例②長いコメントを機械学習を用いて要約する

コメントデータをchatGPTを利用して分類→要約を行うことで、長い文章の要点を把握することが可能に

活用例

CDP Maker Google Cloud Editionを利用することで要件定義~実装する方法と比較し、約一か月前倒してデータ取得が可能になります!※当社構築での比較

result

今回はYoutubeコメントデータ取得にフォーカスいたしましたが、Instagram等その他SNSデータ取得も可能ですので、気になる方は是非お問い合わせくださいませ!

さいごに


弊社ではCDP構築やマーケティング施策の設計など、デジタルやデータに関するソリューションを数多く提供しています。それ以上に、お客様のビジネスの成長につながる課題解決を一緒に考えて実行することにこだわりを持っていますので、データ利活用における課題やお悩み等、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

DX推進において欠かせないCDP、構築に関するサービスは以下
【ダウンロード資料】CDP総合支援サービス ~構想・構築・活用~をぜひダウンロードくださいませ!

【ダウンロード資料】CDP総合支援サービス ~構想・構築・活用~

CDP総合支援サービス
CDP総合支援サービス

本件に関するお問い合わせは下記にて承ります。
株式会社DataCurrent
info@datacurrent.co.jp

人気のコラムランキング

PICK UP

【データプライバシーコラム】電気通信事業法改正の解説(2022年7月時点)

CMPPICK UP コラムデータプライバシーデータプライバシーコラム個人情報保護

CMP導入時の注意点

CMPPICK UP コラムデータプライバシーデータプライバシーコラム個人情報保護

Treasure Data CDPを活用したOneID(統合ID)構築4 日付の落とし穴

CDPCDP活用ID統合PICK UP コラム

今、CMPは導入するべきか?

CMPPICK UP コラムデータプライバシーデータプライバシーコラム個人情報保護

TOPへ
戻る