コラム

2021.04.01

【アドテクコラム】Tableau×Googleスプレッドシートでできる簡単なダッシュボード作成方法とは?

●サマリー

・メディア毎にバラバラに提出される広告配信レポートをまとめることが可能
・GoogleスプレッドシートをTableauで読み込むことで簡単にダッシュボード化
・Googleスプレッドシートの更新を役割分担することでセミオートでの更新を実現

Tableauとは?

Excelはもちろん、Googleスプレッドシートや各種CDPツールなど豊富なデータソースから取り込むことができ、
ドラッグ&ドロップにてビジュアライズ化可能なツールになります。
https://www.tableau.com/ja-jp

今回はGoogleスプレッドシートからダッシュボードを作成するフローをご紹介いたします。

制作方法①用意するもの

■ダッシュボード制作に必要なもの

・ ダッシュボードにしたいデータ(今回は広告配信レポートを用意)
・ Googleスプレッドシート
・ TabelauDesktop
・ (用意可能であれば)Tableau Reader ※ローカルでのダッシュボード共有
・ (用意可能であれば)Tableau online/Server ※オンラインでのダッシュボード共有

制作方法②制作手順

<ステップ1>

・Googleスプレッドシートへ広告配信レポートを集約
 ∟ポイント
  ・媒体レポートをGoogleスプレッドシートへ張り付け・上書き保存だけでOK
  ・メディア毎にシートを分けてスプレッドシートへ記載推奨

<ステップ2>

・TableauDesktopを開き、Googleスプレッドシートへ接続を選択
  接続 → Googleスプレッドシート → Googleアカウントへログイン

※Googleスプレッドシートを選択するとログイン認証が立ち上がる

<ステップ3>

・各シート(媒体レポート)を1つに集約(ユニオン)

∟今回はGoogle、Yahoo!、Facebookの3シートをユニオンし1つのデータとしてTableau上で集約

・計算フィールドの作成を活用し、レポート項目をif関数で整える

例)インプレッションの場合

IF [Sheet]="Google" THEN [表示回数] 
ELSEIF [Sheet]="Yahoo!" THEN [表示回数] 
ELSEIF [Sheet]="Facebook" THEN [インプレッション] 
END

<ステップ4>

・ ワークシートでビジュアライズ化
 「新しいワークシート」→ 行・列に必要な項目をドラッグ&ドロップ

例①:メディア別の各種数値を表にする

例②:Imp数とCVを2重軸で表現する

<ステップ5>

・ステップ4で作成した各ワークシートをダッシュボードへ集約

完成イメージ

●さいごに

「バラバラに出てくる広告配信レポートを集約したい」、「保有データ資産をダッシュボード化し、マーケティングに生かしたい」などお悩みはございませんか? 広告配信データはもちろん、オフラインデータや売り上げデータ等のデータ資産の見える化~分析・活用までお手伝いいたします!

■関連記事/資料

本データに関するお問い合わせは下記にて承ります。
株式会社DataCurrent
info@datacurrent.co.jp