Column

コラム

  • CMP導入診断~企業のCMP導入のポイントについて~...

CMP導入診断~企業のCMP導入のポイントについて~

はじめに

昨今、個人情報保護法改正・電気通信事業法改正などに伴い注目を浴びる機会が増えてきたCMP。
みなさんは、CMPがどういったツールであるかご存知でしょうか?

今回のコラムでは、「CMP」とは?といった基礎知識から、自社においてCMPを導入する際の判断ポイントはどこにあるのかをCMP導入診断という形でご紹介します。

CMPとは

CMPとは、Consent Management Platformの略で、企業と顧客の間で個人データの利用に関する同意取得を行うための同意管理プラットフォームの事です。

主には、Webサイトやアプリにアクセスした訪問者データ(Cookie等)の取得・利用について、利用目的ごとにユーザー本人の同意を取得・管理するためのツールです。

言い換えると「同意していないユーザーのデータを”保持しない”」ための機能を持ったツールです。

そして、みなさんは既にこのCMPツールを導入しているサイトに接触をしています。

弊社のウェブサイトにアクセスした際に、以下の画像のような「当サイトでのCookieの設定について」といったバナーを目にされているかと思います。

CMP導入診断_CMPバナーサンプルイメージ
CMP導入診断_CMPバナーサンプルイメージ

弊社で使用しているCMPバナー表示パターンは一例で、他サイトではバナーが画面上部から表示されるパターンや、画面の中央にポップアップ形式で表示されるパターン等、表示方法は企業によって異なります。

またCMPバナーの種類や表示方法、「許可/拒否」後の個別のCookie設定方法等、導入するCMPツールによっても様々ですので、ウェブサイト回遊時にお時間があれば是非見てみてください。

CMP導入診断

それでは実際に、CMP導入診断をしていきましょう!

CMP導入診断_診断START
CMP導入診断_診断START
CMP導入診断_診断チャート

●Aに当てはまった方

【必須】
取得したCookieを用いてマーケティングに活用をしている場合や、Cookieを個人情報と紐づける事で個人を特定できる環境が自社にある場合(Cookieが個人情報に分類される場合)は、プライバシーポリシーのみならずCMPの導入が必須です。未だ導入をしていない場合は、早期の導入を推奨します。

●Bに当てはまった方

【必須】
プライバシーポリシー以外で利用目的等を説明している場合であっても、Cookieを用いてマーケティングに活用をしている場合や、Cookieを個人情報と紐づける事で個人を特定できる環境が自社にある場合(Cookieが個人情報に分類される場合)、企業がお客様のデータを取得する事の許諾(または拒否)を選択できる環境を整備しておく必要がありますので、CMPの導入は必須です。

●Cに当てはまった方

【推奨】
取得したCookieをマーケティングに活用しているため、Cookieの利用目的の説明はもちろん、企業がお客様のデータを取得する事の許諾(または拒否)を選択できる環境を整備しておく必要がありますので、CMPの導入を強く推奨します。

●Dに当てはまった方

【推奨】
取得したCookieをマーケティングに活用していない場合であっても、取得したCookieを何に利用しているのか、どういったCookieを取得しているのかをお客様へ適切に説明をする必要があります。そのため、プライバシーポリシーを補足するためのCMP導入を推奨します。
CMP導入をすることで、お客様の目に付きやすい形で利用用途や取得しているCookieを明示できます。

●Eに当てはまった方

【推奨】
Cookieの取得はしていない場合でも、個人情報を取得しマーケティング活用をしている場合は、お客様へ適切に説明をする必要があります。
CMP導入をすることで、お客様からの企業の信頼性の獲得が期待できます。

いかがだったでしょうか?みなさまは、どのパターンに当てはまりましたか?

先ずは、自社のサイトがどのパターンに当てはまるのかを把握し、適切な対応を取っていく事が大変重要なポイントとなります。

その他、CMPについてもっと知りたい方向けに以下のコラムもご用意しておりますので合わせてお読みいただけますと幸いです。

※本診断結果は、データ利活用の推進を行う企業にとってのCMPの必要性レベルを、弊社の過去の支援実績をもとに分類したものです。
厳密な法的要請については、Webサイトやデータベースの特性、適用される各国の法令によって検討が必要ですので詳細については別途弊社までお問合せください。

※導入診断は導入検討材料の一部例であり、実際のサイトの運営状況等を精査すると共に、法律上の観点では専門機関へ見解を得る事を推奨いたします。

【関連する記事はこちら】

CMPを導入する前に準備しておくべきこと

今、CMPは導入するべきか?

CMP導入時の注意点

【データプライバシーコラム】電気通信事業法改正の解説(2022年7月時点)

さいごに

今回は、CMPの導入をご検討いただいている方、またCMPがどういったものであるか情報収集をしている方向けの「CMP導入診断」コラムとなります。

CMPを導入する必要がありそうだが、何から始めれば良いか分からない、自社でCMPの必要性についてどのように説明すれば良いか分からない等、ご不安な事があれば、DataCurrent社へお気軽にお問い合わせください。

なお、DataCurrentでは、CDP導入支援はもちろん、CDP活用支援もご提供しています。

マーケティング課題を基に、データ分析からマーケティング施策設計までサポートしています。

》CMP導入・運用支援サービスの詳細はこちら

同意管理プラットフォーム(CMP)導入・運用支援サービス 資料イメージ

本データに関するお問い合わせは下記にて承ります。
株式会社DataCurrent
info@datacurrent.co.jp

人気のコラムランキング

PICK UP

【データプライバシーコラム】電気通信事業法改正の解説(2022年7月時点)

CMPPICK UP コラムデータプライバシーデータプライバシーコラム個人情報保護

CMP導入時の注意点

CMPPICK UP コラムデータプライバシーデータプライバシーコラム個人情報保護

Treasure Data CDPを活用したOneID(統合ID)構築4 日付の落とし穴

CDPCDP活用ID統合PICK UP コラム

今、CMPは導入するべきか?

CMPPICK UP コラムデータプライバシーデータプライバシーコラム個人情報保護

TOPへ
戻る