Column

コラム

  • CMPを導入する前に準備しておくべきこと...
  • CMP
  • データプライバシーコラム

CMPを導入する前に準備しておくべきこと

●はじめに

GDPRや改正個人情報保護法が施行されたことにより、CMP(Consent Management Platform/同意管理プラットフォーム)の導入を検討している企業が増えております。
今回はそんなCMP導入を検討している企業に向けて導入する前に準備しておくことについて説明いたします。

※2022年4月時点の情報を元に作成しています

CMP(同意管理プラットフォーム)とは

CMP(Consent Management Platform)とは、日本語だと同意管理プラットフォームと呼ばれており、Webサイト運営者が、サイト利用者のCookieを取得する際に同意を得るためのツールです。拒否された場合はCookie取得を制御します。

CMP導入前に準備すること

CMP導入前に準備することは主に以下3点になります。
 ①サイト作成に関わる制作会社の確認
 ②設置されているタグの棚卸
 ③不要なタグの削除

①サイト作成に関わる制作会社の確認

CMP導入時はサイトにCMPのタグを設置したり、タグマネージャー上で設定する作業が発生します。
そのためサイト作成に携わる制作会社に作業依頼を行うので、どこの制作会社にお願いするのか整理しておくと今後のCMP実装時にスムーズに行えます。


企業によってはドメイン配下でサイトごとに制作会社が分かれていることがあり、導入時に特定のページはどこの制作会社も担当していないということが発覚し、確認するのに時間がかかりプロジェクトの進行が遅れるというケースもあります。CMP導入時に実装の連絡やタグの管理について相談しやすいよう事前に制作会社を整理し、確認しておくことをオススメいたします。

②設置されているタグの棚卸

ドメイン配下のどのページに何のタグが設置されているのかの棚卸をすることで、自社サイトに設置されているタグを整理することが出来ます。
これはGTMなどのタグマネージャーでタグを管理をしている企業であればすぐに出来ると思いますが、HTMLに直でタグを設置している企業の場合は何のタグをどのページに入れているのかが管理されておらず、CMP導入時にスキャンした結果、何のタグなのかが全く分からないなど、確認に時間がかかり、思うようにプロジェクトが進まなくなってしまうケースも多々あります。

HTMLにタグを直接設置している企業は、なるべくタグマネージャーで管理していくことをオススメします。
※タグマネージャーで管理していない場合、実装に時間がかかってしまうCMPもあります。また、タグマネージャーは代理店が管理しているというケースもあるかと思いますので、複数ある場合はどのタグマネージャーがどこの代理店が管理しているのかも整理しておくことをオススメします。

③不要なタグの削除

タグの棚卸にも繋がってきますが不要なタグについては、使用していないのにユーザーからCookieを取得することになり、そのままにしておくとCMPのCookieリストにも記載される場合もあるので、なるべく棚卸のタイミングで削除することをオススメします。

●最後に

今回はCMP導入前に準備しておいた方が良いこととして、3点をご紹介しました。
実際のサイト状況によっては難しいこともあるかと思いますが、そういったときはURLリストを提出するだけでどこのURLにどんなタグが設置されているかを検出できるサービスもございますのでお気軽にご相談ください。

最後に弊社はCMPのツール選定から導入まで一貫して支援させて頂くサービスを提供しております。
CMP導入を検討しているなどのお悩みがあればお気軽にお問合せくださいませ。

●関連サービス資料

》CMP導入・運用支援サービスの詳細はこちら

本記事に関するお問い合わせは下記にて承ります。
株式会社DataCurrent
info@datacurrent.co.jp

人気のコラムランキング

PICK UP

今、CMPは導入するべきか?

コラム

Treasure Data CDPを活用したOneID(統合ID)構築3 姓名突合での落とし穴

コラム

機械学習 | 「viz」×焼肉のたれの売上を肉の売上でシミュレーションしてみた

コラム

CMPツールの導入手順について

コラム

TOPへ
戻る