コラム

2020.12.18

【API・データ検証奮闘記】#5.音楽系データシリーズ 3部作 第3部:YouTube

本コラムでは、APIやデータに関連する言語などを無邪気に触ってみた備忘録として、ライトに記載していきます!(連載記事はこちら
「ちょっと違くない」「他にいい方法あるのに」といったご意見もあるかと思いますが、何卒お手柔らかに!!

<プロフィール>
富松 良介
2017年、株式会社サイバー・コミュニケーションズ(CCI)入社。Oracle Bluekai・Treasure Data等のDMPや、AWS・GCP等のPublicCloud領域を担務。2019年6月よりデータの利活用を推進するコンサルティング会社「株式会社DataCurrent」に出向し、事業会社の基盤構築・運用や自社ソリューション開発を担当。

※音楽系データシリーズ 3部作 他記事はこちら
第1部:Spotify 編
第2部:AppleMusic 編

●YouTube取得やってみた

ボス
ボス
YouTubeのデータが欲しい。
モブ
モブ
かしこまり!!

YouTube Analyticsのデータ取得の手順から取得した結果までをご紹介致します。

ステップ1. どうやって取得できるか調査してみた

モブ1
モブ1
API!!
モブ2
モブ2
スクレイピング!!
モブ3
モブ3
ツール!!
モブ
モブ
ツール(Treasure Data)で取得することにしよう!!
ボス
ボス
それでやってくれ。

●ステップ2. データ取得してみた

早速Treasure Dataでデータを取得してみる。

「Catalog」画面からYoutubeを選択

    ↓

Authentication Modeを「OAuth」にし「Click here to connect a new account」を選択

    ↓

Googleシングルサインオンの認証をおこなう

    ↓

「OAuth connection」で認証されたコネクションを選択

    ↓

データ取得ジョブ名を入力

    ↓

プリセットされたレポートタイプ等取得項目を入力

Report Type:Channel
Report Presets:Basic Statistics
Metrics:views,comments,likes,dislikes,videosAddedToPlaylists,videosRemovedFromPlaylists,shares,estimatedMinutesWatched,averageViewDuration,averageViewPercentage,annotationClickThroughRate,annotationCloseRate,annotationImpressions,annotationClickableImpressions,annotationClosableImpressions,annotationClicks,annotationCloses,cardClickRate,cardTeaserClickRate,cardImpressions,cardTeaserImpressions,cardClicks,cardTeaserClicks,subscribersGained,subscribersLost
Begin date:2020-08-01
End date:2020-08-25
Aggregation Period (Day):1

ステップ3. 取得結果

※音楽系データシリーズ 3部作 他記事はこちら
第1部:Spotify 編
第2部:AppleMusic 編

最後に

弊社では、定点的なリサーチやトレンドの分析をおこなっています。性別や年代等の属性を検索トレンドのダッシュボード提供等様々なパッケージをご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

本データに関するお問い合わせは下記にて承ります。
株式会社DataCurrent
info@datacurrent.co.jp