セミナー・イベント

2021.07.05

【オンラインセミナー】機械学習アシストツールを活用したマーケティング課題解決へのアプローチ ~データマーケティングプラットフォーム「viz」セミナー~[7/15(木)開催]

■開催概要

本セミナーでは、広告をはじめとしたマーケティング施策の分析・評価に対する課題について、機械学習ツールを用いてどのような解決策が考えられるか、具体事例を交えてご紹介します。
「施策の効果をデータで説明したいが、データを読み解く時間がないし、分析ができる人材が不足している」などにお悩みの方へおすすめです。お気軽にご参加ください。

開催日時 2021年7月15日(木)14:30〜15:15
会場 オンライン(Zoomウェビナー)
※開催前日までに申し込みメールアドレス宛に視聴用URLをお送りします。
参加費 無料(要事前登録)
お申込み 下記 申込フォームより、 7月14日(水)までにご登録ください。
対象 企業のデジタル戦略責任者・担当者様
企業のマーケティング部門責任者・担当者様
企業のIT部門責任者様、データ戦略責任者・担当者様
主催 株式会社DataCurrent
お問合せ DataCurrentセミナー事務局
E-mail:info@datacurrent.co.jp
注意事項 ※セミナーの時間および内容の一部が変更になる可能性がございます。
※競合他社様のご参加は、ご遠慮いただいております。

【個人情報保護方針について】
今回ご提供いただく個人情報については、個人情報保護方針に基づき厳重に管理いたします。
株式会社DataCurrent プライバシーポリシー

■プログラム

1.はじめに
2.事業部担当者が抱える課題例とvizによる課題解決へのアプローチ

広告をはじめとしたマーケティング施策の分析・評価に対する課題について、機械学習ツールを用いてどのような解決策が考えられるか、具体事例を交えてご紹介します。
3.データサイエンスエンジニアと分析結果を読み解く

施策の分析・評価をする上で、データのどの部分に注目して読み解いていくべきか、データサイエンスエンジニアの意見も交えてご紹介します。
4.Q&Aセッション

■登壇者PROFILE

株式会社DataCurrent データサイエンスエンジニア 岩浅 祥平

2019年サイバー・コミュニケーションズ(CCI)入社。DMP運用、機械学習において、社内サービスへの適用の検討提案、サービス構築、社内勉強会講師などを行ってきた。 2021年1月より株式会社DataCurrentに出向し、現在は機械学習プロダクト開発のデータサイエンス領域のサポートや、社内やお客様のデータ利活用のためデータ分析業務に従事している。

株式会社DataCurrent アカウントエグゼクティブ 山口 和也

2020年サイバー・コミュニケーションズ(CCI)入社。同社データ部門にて、データコンサルティングサービスの営業活動に従事。2021年1月より株式会社DataCurrentに出向、同社の営業メンバーとして、クライアント企業のDX推進サポートやデータプライバシー支援に従事。

■DataCurrentとは

生活者主体の考え方に基づくデータ活用を推進する専門会社として2019年6月3日に設立いたしました。 CDP導入支援のみならず、データ戦略設計から分析、広告配信、データプライバシーに関するアドバイザーサービス、情報銀行等の新事業立ち上げサポートまで お客様の課題に沿ったデータ活用推進に必要なサービスを一貫してご提供しています。

「viz」とは

「viz(ビズ)」は、誰でも使える「シンプルで、実践的な、機械学習アシストツール」をコンセプトとしたデータマーケティングプラットフォームです。どなたでも簡単かつ手軽に高度なデータ分析が実践可能で、マーケティング領域に特化した機能に絞ることで月額15万円~と安価な提供を可能としています。

viz製品サイトはこちら: https://www.datacurrent.co.jp/viz/

■お問合せ先

DataCurrentセミナー事務局
E-mail:info@datacurrent.co.jp

 

■セミナーお申し込みフォーム

申込受付終了いたしました。多数のお申込みありがとうございました。