リサーチ

2020.10.07

検索トレンド モニタリング|旅行(20年8月集計結果)

Googleトレンド、ヤフー・データソリューションのDS.INSIGHTを活用し、検索行動をモニタリング。
検索トレンドをモニタリングすることで、ユーザーインサイトを把握することが目的。
不定期にて更新してまいります。

検索トレンド モニタリング結果 サマリ

・3~4月にかけて旅行・観光関連キーワードの検索が下がる傾向。新型コロナウイルスの影響と考えられる。
・直近の「国内旅行」の検索量は全体的に回復傾向となっており、これまで検索が圧倒的に多かった「海外旅行」を超える傾向。国内旅行需要の高まりが表れている。
・エリア別では、「東京 観光」「沖縄 観光」「北海道 観光」は4月以降徐々に増加傾向ではあるものの、ピーク時と比較すると引き続き落ち込んでいる傾向。
・ツアー関連キーワード、「ハワイ 観光」「イタリア 観光 」は40代以上の割合が高い。
・一方で、「東京 観光」「沖縄 観光」「北海道 観光」は40代以下が多い傾向。

時系列検索/エリア来訪データ提供サービス 資料公開中!

資料ダウンロードはこちら 》

1.Googleトレンド:ビッグワード

・3月以降、全体的に検索量が大幅低下傾向。
・国内旅行は、6月、8月末~9月にかけて少し検索が伸びる傾向。
・海外旅行は4月以降ほぼ横ばいで推移。
・これまで海外旅行の検索が最も多かったが、直近は国内旅行の検索が海外旅行を超える結果に。コロナ禍における国内旅行需要の高まりが表れている可能性。

図1:Googleトレンド|過去12か月~ キーワード:海外旅行|海外ツアー|国内旅行|国内ツアー

2.Googleトレンド:指名ワード

・全体的に、2月末~4月上旬にかけて大きく検索が落ち込む傾向。
・国内エリアに関しては、4月以降徐々に回復傾向にあるものの、東京、沖縄に関してはピーク時の半分程度に落ち込んでいる。
・比較的検索の多かった台湾は、直近はほとんど検索されない傾向。

図2:Googleトレンド|過去12か月~ キーワード:東京 観光|沖縄 観光|北海道 観光|台湾 観光|ハワイ 観光|イタリア 観光|ドイツ 観光

3.Yahoo! DS.INSIGHT :ビッグワード

・海外旅行、国内旅行ともに2~4月にかけて大きく検索量が低下。
・海外旅行は、ゴールデンウイークの5月に一時検索が伸びたものの、以降は下降傾向。
・国内旅行は、6月に一時検索が伸び、回復傾向。

図3:Yahoo! DS.INSIGHT |2018年5月~2020年8月 キーワード: 海外旅行|海外ツアー|国内旅行|国内ツアー

※検索ボリューム数は、ヤフーが保有する検索データをもとに、インターネット人口全体へ拡大推計された想定ボリューム数となります。

4.Yahoo! DS.INSIGHT :指名ワード

・4月にかけて、全体的に検索量が低下。
・4月以降、国内エリアは徐々に検索量が増えているものの、引き続き低水準で推移。
・海外の検索量増加は見られない。

図3:Yahoo! DS.INSIGHT |2018年5月~2020年8月 キーワード: 東京 観光|沖縄 観光|北海道 観光|台湾 観光|ハワイ 観光|イタリア 観光|ドイツ 観光

※検索ボリューム数は、ヤフーが保有する検索データをもとに、インターネット人口全体へ拡大推計された想定ボリューム数となります。

5.Yahoo! DS.INSIGHT : 性別・年代別

・ 性別比率はほとんどが男女半々だが、ヨーロッパ圏のイタリア、ドイツは女性の割合がやや高い傾向。
・年代に関しては、ツアー関連キーワードは40代以上の検索が多い傾向。
・エリア別の年代では、東京、沖縄、北海道は、40代以下の割合が高い傾向。
・一方で、ハワイ、イタリアは40代以上の割合が高い傾向。
・ドイツ、台湾は幅広い年代から検索される傾向。

図4:Yahoo! DS.INSIGHT | 2020年8月  キーワード: 海外旅行|海外ツアー|国内旅行|国内ツアー | 東京 観光|沖縄 観光|北海道 観光|台湾 観光|ハワイ 観光|イタリア 観光|ドイツ 観光

※検索ボリューム数は、ヤフーが保有する検索データをもとに、インターネット人口全体へ拡大推計された想定ボリューム数となります。

下記のようなお問い合わせも受け付けております。
お気軽にお問合せくださいませ。

・他のキーワードにて数値をみたい
・自社アクセスデータとクロスさせたい
・一緒に検索されている関連キーワードをみたい
・検索データを踏まえ、デジタル施策の提案がほしい

サービスの詳細について知りたい方は、以下より資料をダウンロード頂き、ご確認ください。

時系列検索/エリア来訪データ提供サービス 資料公開中!

資料ダウンロードはこちら 》

本データに関するお問い合わせは下記にて承ります。
株式会社DataCurrent
info@datacurrent.co.jp