リリース

2020.08.27

DataCurrent、販売会社のDXを推進する「メーカー系販売会社向けCDPトライアルパッケージ」の提供を開始

株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社であり、企業のデータ利活用の推進を行う、株式会社DataCurrent(本社:東京都中央区、代表取締役:中 哲成、以下DataCurrent)は、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援する、メーカー系販売会社向けCDP※トライアルパッケージ」の提供を開始しました。

「メーカー系販売会社向けCDPトライアルパッケージ」資料ページ:https://www.datacurrent.co.jp/documents/datacurrent-cdp-forsalescompany-20200826/

企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するうえで重要となるのが、自社顧客に関するデータです。中でもメーカー系販売会社は、CRMでのリードや購買に紐づく施策での集客やアップセルが企業活動を加速させるために重要となっており、そのためにきちんとデータを統合管理・施策活用できる環境に整える必要があります。さらに現状のコロナ禍において、企業はデジタル化の促進をより一層求められるようになっています。

そういった状況にある一方で、「CDPを導入したいけど、ハードルが高い」「何から取り掛かるべきか分からない」といった課題を抱え、DXへなかなか踏み切れないケースが多く見受けられます。

今回提供を開始する「メーカー系販売会社向けCDPトライアルパッケージ」では、上記のような課題を抱える企業に対してデータ統合管理基盤であるCDPのトライアル環境を提供し、CDPを活用することでどのように課題解決ができるかをスモールスタートで検証・支援致します。本サービスを通じて、具体的に以下のような改善が期待できます。

■期待できる主な改善点

  1. メール配信/DM配布後の引き上げ率UP
  2. 対面営業時の成約率UP
  3. 自社サイトからの問い合わせ/資料請求件数UP

パッケージ概要

<費用・期間イメージ>
 50万円〜/月額
 3か月~/期間

<パッケージ内容>
・分析する場所(CDP環境)※1
・個人情報を匿名化する場所(セキュアDB)※2
・お客様データの連携(マーケティング/CRM連携)
・データを取得するタグ(DataCurrentタグ)
・分析レポート(自社サイト分析 外部行動データ)
・広告配信(リターゲティング配信)

※1 弊社環境のため管理画面は開放していません
※2 CRM格納の個人情報データを匿名化する環境

その他、お客様の課題に沿ったトライアルパッケージの作成が可能です。お気軽にご相談ください。

今後もDataCurrentは、市場のニーズに沿ったサービス提供を通じて、企業のデータ活用推進に貢献して参ります。

※Customer Data Platform(CDP)とは
顧客に関する統合データ基盤です。自社の顧客データを収集・蓄積し、一人ひとりに紐付く属性データや行動データを統合するプラットフォームで、統合されたデータをもとに外部のツールと連携することで様々なマーケティング施策に活用することが可能です。デジタルトランスフォーメーションを推進するうえで欠かせないツールとして近年多くの企業での導入が進んでいます。

【本件またはリリースに関するお問い合わせ先】
 DataCurrentセミナー事務局
 E-mail:info@datacurrent.co.jp
 
【報道関係者お問い合わせ先】
 株式会社 CARTA HOLDINGS 広報室 小泉
 https://cartaholdings.co.jp/contact-pr/